一般社団法人 宮城県安全運転管理者協会

会員専用ページ

安管選任事業所の交通事故(令和2年6月)

マナーアップみやぎ運動

夏の交通事故防止運動

~暑い夏 涼やかマナーで 爽やか運転~

 7月21日(火)から8月20日(木)

6月30日現在、宮城県全体の交通事故発生件数が約700件減少しているものの、死亡事故が27件27人と昨年同様高水準で発生しています。
 例年、これからの時期は夏季の行楽期や帰省時における長距離運転から過労や漫然運転による重大事故が多発する傾向にありますが、昨年は、7月中に8件の死亡事故が発生したことは記憶に新しいと思います。今年、安全運転管理者選任事業所におきましては、6月末までに、6件6人の死亡事故が発生しており、昨年同様のハイペースとなっています。連鎖的な発生を食い止めるために安全運転管理を徹底して下さい。運動の推進にあたっては、つぎのPDFをご覧下さい。
 
LinkIconR2夏の事故防止.pdf

第27回セーフティ123の開催

【実施内容】

3人で1チームを作り、123日間の期間中交通ルールを守り、無事故・無違反を目指しましょう。無事故・無違反を達成したチームの中から抽選により商品が贈呈されます。また、参加者全員には運転記録証明書(1年間)が送付されます。

【参加申込等】

①申込期間 令和2年5月1日(金)~6月14日(日)まで
②申込み用紙は、各地区会よりお取り寄せ下さい。
LinkIcon「第27回無事故無違反にチャレンジ!セーフティ123」参加チーム募集について(宮城県HP)

クリックすると拡大します

眠気と交通安全

第60回交通安全国民運動中央大会 企業部会基調講演の内容を紹介します。

令和2年1月22日行われた中央大会企業部会において、江戸川大学浅岡章一准教授による基調講演が行われました。眠気が運転にどのように影響するかというものでしたが、講演内容のPDFを添付しますので、これからの活動の参考としてください。
 
LinkIcon眠気と交通安全(基調講演要旨).pdf  

情 報 公 開