一般社団法人 宮城県安全運転管理者協会

安管みやぎ

年頭ご挨拶

令和2年の年頭にあたり事業主会連合会長及び県安管会長からご挨拶を申し上げます。
下のPDFをお開きください。


  LinkIcon両会長の年頭挨拶.pdf


会議・大会・活動

第50回宮城県交通安全県民大会で表彰されました


 
 

11月19 日(火)、栗原市「栗原文化会館」において、第50回宮城県交通安全県民大会が開催され、交通安全に顕著な功績があった個人、団体や交通安全に関するコンクールの入賞者が表彰されました。当宮城県安全運転管理者協会は、50年の長きにわたり交通安全に寄与した功労が讃えられ、交通安全功労団体として宮城県知事から「褒状」が贈呈されました。

創立50周年記念式典が盛大に開催されました


 
 

11月18日(月)、仙台市内のホテルにおいて、佐野宮城県副知事、庭野宮城県公安委員会委員長、松岡宮城県警察本部長以下、ご来賓多数のご臨席を得て一般社団法人宮城県安全運転管理者協会創立50周年記念式典が盛大に開催されました。式典では、当協会に対し感謝状が贈られた他、永年にわたって協会の運営に尽くされた皆様をはじめ、令和元年度中の優良事業所及び優良管理者、優良運転者に対する表彰が行われ、仙台中央地区会長の斎藤清晴氏が、これからの活動の指針となる「交通安全宣言」を行いました。第二部の講演会では、警察謝恩伝道師の竹内直人氏(元警察大学校長)による特別講演が行われ、常時災害時代における危機管理について学びました。
LinkIcon交通安全宣言.pdf

令和元年度秋の交通安全県民総ぐるみ運動出発式に参加しました


 

9月20日(金)、宮城県警察本部庁舎前において「秋の交通安全県民総ぐるみ運動出発式」が開催され、小野会長以下協会職員が参加しました。出発式後は悲惨な交通事故を一件でも減らすため、交通関係機関・団体の方々とともに一番町などをパレードし、交通事故の防止を訴えました。
秋の交通安全運動の重点は
 〇子どもと高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の事故防止
 〇全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
 〇飲酒運転の根絶
 〇夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
となっています。
これからは、夕暮れ時が早くなり視界も悪くなる季節です。早めのライト点灯を心がけ、歩行者などの発見に努めましょう。

令和元年度年度第1回通常総会が開催されました

5月24日(金)仙台市青葉区上杉「パレス宮城野」において令和元年度第1回通常総会が開催され、平成30年度事業報告と平成30年度収支決算報告がそれぞれ承認されるとともに、役員の一部改選が行われ、若柳地区会長の三塚亜紀男氏が新しく理事に選任されました。また、事務局から今年度に入り死亡事故が多発(4月末現在死者5人)していることが報告され、安管事業所が交通安全の責任を果たすよう確認しました。
 
平成30年度事業報告はこちら→ LinkIcon平成30年度事業報告.pdf 
平成30年度決算報告はこちら→ LinkIcon平成30年度決算報告.pdf
令和元年度役員名簿はこちら→ LinkIcon令和元年度役員名簿.pdf

令和元年度春の交通安全県民総ぐるみ運動出発式に参加


 

5月10日(金)、春の交通安全県民総ぐるみ運動(5/11~5/20)の出発式が宮城県警察本部庁舎前において開催されました。式には(一社)宮城県安全運転管理者協会小野会長以下職員が参加し、交通団体関係者等と交通事故減少を呼びかけるパレードを行いました。
運動の重点は
 〇子どもと高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の事故防止
 〇自転車の安全利用の推進
 〇全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
 〇飲酒運転の根絶
となっています。

第13回宮城県飲酒運転根絶県民大会が開催されました 

高校生の列に飲酒運転のRV車が突っ込んで3人の命が奪われたあの悲惨な事故から14年が経過しましたが、今年の「飲酒運転根絶の日」は、仙南芸術文化センター(えずこホール)に県内の交通安全ボランティア関係者など約600人が集い、飲酒運転根絶大会が開催されました。飲酒運転根絶のメッセージを事業所内に掲示するなど、飲酒運転根絶活動を推進してください。


 
※啓発チラシ等をダウンロードして活用して下さい
LinkIcon飲酒運転根絶チラシ.pdf  LinkIcon飲酒運転根絶メッセージ.pdf  LinkIcon大会宣言.pdf 

今年度も『フレッシャーのための交通安全講習会』を開催しました!


 


4月12日(金)・16日(火)の2日間にわたり、仙台市泉区の奥羽自動車学校において『フレッシャーのための交通安全講習会』を開催しました。
各地区会会員事業所から合計84名の新入社員等が参加し、運転適性検査や安全運転基本走行テスト等を実施しました。参加者からは
 〇自分の運転を客観的に見つめなおすことができた
 〇ペーパードライバーだったが、これから運転する自信につながった
 〇今まで自分の感覚で運転していたが、指導員の指摘により相手を思いやる運転を心がける気持ちが生まれた
 〇指導員を乗せて緊張したが、自動車学校で習った初心の気持ちに戻ることができた
等の感想がよせられ、有意義な講習会となりました。

予算理事会・総会及び第2回地区会長会議が開催されました

2月26日(火)仙台市青葉区、ホテルJALシティ仙台において平成31年度の事業計画と同収支予算が審議され、(一社)宮城県安全運転管理者協会創立50周年記念事業等の事業を行うことが可決されました。

創立50年の節目にあたり、交通事故防止に寄与してきた安全運転管理者の役割を確認し、安全運転管理業務の充実を期して、記念式典を開催するとともに、協会のシンボル・記章を制作することなどを内容とする事業計画と予算案が可決されました。
また、地区会長会議では、平成31年度の交通事故抑止活動の重点を「横断歩道は歩行者優先!!」、「横断者ファースト」、「歩行者ファースト」とすることなどが確認されました。

 
 
 
平成31年度事業計画はこちら→ LinkIcon平成31年度事業計画.pdf