選任届出手続き

~末尾に「届出書」等の書式(Excel文書)が添付されています~

安全運転管理者等の選任

 安全運転管理者の選任義務

乗車定員11人以上の自動車を1台以上、その他の自動車を5台以上(大型・普通自動二輪車(原付車を除く)は、1台を0.5台と計算)を使用している事業所等は、安全運転管理者を選任しなければなりません。

自動車を20台以上使用している事業所は、副安全運転管理者も併せて選任しなければなりません。
一つの事業所(会社)で複数の事業所(支店・営業所等)がある場合は、その事業所(支店・営業所等)ごとに上記基準により選任することとなります。
自動車運転代行業を営む者は、使用する台数に関わらず営業所ごとに選任しなければなりません。

安全運転管理者の資格要件

道路交通法上、次のすべての資格を満たす者と規定されています。

必要な資格
・20歳以上の者
(ただし、副安全運転管理者を選任しなければならない場合にあっては30歳以上)
・2年以上の運転管理の実務経験を有する者又はこれと同等以上の能力があると公安委員会が認定した者
・過去2年以内に公安委員会の安全運転管理者等の解任命令を受けたことのない者
過去2年以内に次の違反行為をしたことのない者
・酒酔い運転、酒気帯び運転、麻薬等運転、無免許運転、ひき逃げ、自動車の使用制限命令違反

過去2年以内に次の下命・容認をしたことのない者
・酒酔い・酒気帯び運転、過労・麻薬等運転、無免許運転、最高速度違反転、大型自動車等の無資格運転、積載制限違反運転、車両の放置行為
 
 


副安全運転管理者の選任義務

 自動車を20台以上使用している事業所等は、安全運転管理者の業務を補助させるため副安全管理者を選任しなければなりません。副安全管理者の選任人数は、使用する自動車台数により次のとおり定められています。
 

自動車台数 人数
20~39台 1人
40~59台 2人
60~79台 3人
80~99台 4人
100~119台 5人

以下、20台毎に1人を加算して選任 自動車運転代行業を営む者は、随伴用自動車を10台以上使用する営業所ごとに1人選任し、20台以上は10台を超えるごとに1人を加算した人数を選任しなければなりません。


副安全運転管理者の資格要件

・20歳以上の者
・1年以上安全運転管理の実務経験を有する者か3年以上の運転経験を有する者、又はこれと同等以上の能力があると公安委員会認定した者
・過去2年以内に公安委員会の安全運転管理者等の解任命令を受けたことのない者
・過去2年以内に一定の違反行為をいていない者(安全運転管理者の場合も同じ)

 


解任命令

公安委員会は、安全運転管理者、副安全運転管理者が
・資格を満たさなくなったとき
・業務を遵守しておらず安全な運転が確保されていないと認められたとき又は安全運転管理者の業務を補助していないと認められたとき
は、自動車の使用者に対して安全運転管理者、副安全運転管理者の解任を命ずることができます。


 


罰則

安全運転管理者、副安全運転管理者を選任しなかった場合、5万円以下の罰金となります。

各種届出の種類

安全運転管理者 

選任届 使用する自動車が規定の台数に達した場合
異動、退職等により別の人を選任する場合
他の事業所に異動し、そこで再び選任される場合
記載事項変更届 事業所名、代表者名が変更になった場合
事業所の住所が変更になった場合(移転等)
解任届 自動車の台数が基準以下になった場合

副安全運転管理者
選任届 自動車が規定の台数になって選任する場合
異動、退職等により別の人を選任する場合
記載事項変更届 事業所名、代表者名が変更になった場合
事業所の住所が変更になった場合(移転等)
解任届 自動車の台数が基準以下になった場合

届出の窓口

届出の窓口は、使用の本拠地事業所の所在地)を管轄する警察署の交通課となります。届出に関する疑問等は管轄警察署交通課にお問い合わせ下さい。  

届出に必要な書類

安全運転管理者の新規選任・変更届

・安全運転管理者に関する選任・解任届出書 1部
・運転記録証明書(過去3年・運転免許所持者のみ) 1部
 ※申請書や振込用紙は警察署窓口及び交番にあります
 ※申請書に必要事項を記入のうえ、宮城県運転免許センター4階または郵便局窓口に振込で申し込むこと
 ※手数料 1通630円

 ※選任の日前1ヶ月以内に発行されたものに限ります
・住民票抄本等 1通                       
 ※3か月以内に発行されたもので、本籍地(国)を記載したもの、コピーは不可 
 ※マイナンバーの記載のないもの

 ※住民票抄本等が県外の場合は、その他に事業所の在籍証明書を添付

・ 証明写真 1枚
 ※選任の日前6ヵ月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景縦3cm×横2.4cm
・運転の管理に関する経歴証明書(職務経歴証明書) 1通

 安全運転管理者届出の記載事項変更

・安全運転管理者に関する選任・解任届出書 1部

安全運転管理者の解任

・安全運転管理者に関する選任・解任届出書 1部
※ 解任となった場合は安全運転管理者証は解任届出書に添付して公安委員会に返納すること

副安全運転管理者の新規選任・変更届

・副安全運転管理者に関する選任・解任届出書 1部
・運転記録証明書(過去3年・運転免許所持者のみ) 1部
 ※申請書や振込用紙は警察署窓口及び交番にあります
 ※申請書に必要事項を記入のうえ、宮城県運転免許センター4階または郵便局窓口に振込で申し込むこと
 ※手数料 1通630円

 ※選任の日前1ヶ月以内に発行されたものに限ります
・住民票抄本等 1通                       
 ※3か月以内に発行されたもので、本籍地(国)を記載したもの、コピーは不可 
 ※マイナンバーの記載のないもの

 ※住民票抄本等が県外の場合は、その他に事業所の在籍証明書を添付

・ 証明写真 1枚
 ※選任の日前6ヵ月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景縦3cm×横2.4cm

・経験年数により、次のいずれかが必要です

 →運転の管理に関する経歴証明書(職務経歴書)~運転管理経験1年以上必要 1部
 →運転免許証の写し~運転経験3年以上が必要 1部

副安全運転管理者届出の記載事項変更

・副安全運転管理者に関する選任・解任届出書 1部

副安全運転管理者の解任

・ 副安全運転管理者に関する選任・解任届出書 1部

  ※ 解任となった場合は安全運転管理者証は解任届出書に添付して公安委員会に返納すること

罰則

安全運転管理者、副安全運転管理者を選任しても届出しなかった場合は、2万円以下の罰金または科料、「自動車運転代行業」を営む者が変更届をしなかった場合は、20万円以下の罰金となります。  

届出書の書式

自動車の使用者(事業主等)は、安全運転管理者又は副安全運転管理者を選任したときは、選任した日から15日以内に、自動車の本拠地を管轄する公安委員会(窓口は管轄する警察署交通課)に届けなければなりません。解任した時も同様です。

安全運転管理者に関する届出書   届出様式第14号.xlsx
 

副安全運転管理者届出書       届出様式第15号.xlsx

 
運転の管理に関する経歴証明書(職務経歴証明書)
               様式15号の2.xlsx      様式16号の2.xlsx